お茶

妊婦さんがお勧めする便秘解消方法

妊娠中に困るのは、体が思うように動かせないことと食欲と便秘ではないでしょうか?
それぐらい妊婦さんが便秘になる確率は高く、通常時快便だった人でも便秘になるといいます。
なぜ妊娠すると便秘になりやすくなるのか、これは黄体ホルモンが大腸の蠕動運動を抑制する働きがあるからです。
そして、おなかが大きくなるにつれ腸が圧迫され便通が悪くなったり、つわりで水分が摂れないため便が硬くなったり、運動不足になったりすることが大きな原因と言われています。

ただでさえおなかが出てきて苦しいのに、便秘でもっと苦しいのは嫌ですよね。
そんな妊婦さんにおすすめな便秘解消方法はありきたりではありますが、食物繊維+乳酸菌+水分です。
なぜありきたりになっていしまうのかというと、通常の下剤には子宮を収縮する成分が入っており、まかり間違えば流産してしまう可能性があるからです。
怖いですよね。

なので、スタンダードではありますがこの方法が一番安全でなおかつ効果的なのではないでしょうか?
水分としてノンカフェインのものを選ぶのもカギです。
おすすめはルイボスティなどがよいでしょう。
案外つわり中は真水って飲めないものですし、さっぱりクセのないルイボスティや、レモンを絞った水など味にバリエーションをつけてみるのもいいですね。
でも、本当につらくなったら、赤ちゃんのために無理はせず病院に行って便秘薬を処方してもらうのことが良いでしょう。

このページの先頭へ